令和2年夏越大祓ご報告

宮司です。本年はすべての事に関して新型コロナウィルス感染防止対策を行うということで、先ずは密集を避ける意味で3日間の開催という事と、拝殿内で行う「無病息災祈願」は密集するので後日宮司が祈願するということで自由参拝といたしました。その代わりというわけではないのですが、後日無病息災祈願はご神前にご祈念するということでこの機会に「疫神齋(えきじんさい)」の護符を参列者に授与いたしました。「疫神齋」と「茅の輪御守」のダブルで家門を守護することになります。

今年は6月中にまとまった雨も降らずにいましたので茅の輪の材料である「茅(かや)」もなかなか良い感じの物が少なくて採取に苦労しましたが、本年は3日間ということで例年ですと100名前後ですので120〜130くらい茅の輪を用意していましたが、本年は余裕を見て150輪準備しました。二日目を終えた時点で茅の輪が40輪になりましたので急遽残りの材料で12輪作りましたが、結局合計134輪で無事足りていましたので読みは当たっていたわけですが、来年、再来年も3日間で続けていこうと思いますので増えていくでしょうね。

また、本年は3日間ということで雨天時の対応として参集殿で神事をする、ということも新たに始めました。やはりこの時期は天候が怪しいのでいつ何時雨が降るかわからないような状況ですので参集殿で大祓神事をして地の輪くぐりは傘を差してでも回れますし、その後は本殿で自由参拝して茅野はお守りと疫神齋護符を各自お持ち帰りいただくという流れにいたしましたら時間も短縮できて良かったです。大祓神事は元々境内の外で実施した方がよろしい神事ですので参集殿での開催はその意味では最適な場所です。

実はコロナ以前から3日間にしたほうが、来たいけどこれない人が少なからずいらっしゃることも知っておりましたので、今回はコロナ対策もありますが、以前からチャレンジしたかったことに飛び込めた年となりました。その分準備期間を早めにして進めなければいけませんが、そんなに負担な事でも無かったです。結果として密集を避けながらも例年より多くの方にご参加いただけました。

 

令和2年6月16日新庄新町・橋宮神明社田祭りに鷹乃羽雅楽会奉仕。

宮司です。引き続き6月の出来事のご報告です。
新川神社の隣町の新庄新町の田祭りに雅楽演奏を加えてほしいというご要望により、鷹乃羽雅楽会が奉仕いたしました。昨年11月の最後の練習以降は新型コロナウィルス蔓延のため練習はできていませんでしたが、今回は川嶋広報部長にデビューしていただこうということでいつもの無茶ブリにも関わらず、初舞台を立派に演奏されました。
初めて人前で演奏するのに加えて今回は「道楽(みちがく)」という神社まで参進する間、雅楽を演奏しながら導いていただくという、いわゆる「流し」ですね。これも初体験ということでしたがチャレンジしていただきました。歩きながら演奏するということは譜面が見れないので暗譜していないといけないわけですが、事前に歩きながら吹く練習もしていただきましたので、大丈夫。
歩きながら吹く、というのは端から見ている以上に大変な作業でして、演奏に必要な酸素が歩く運動に持って行かれますので酸欠に陥りやすくなります。ですから、吹き方を省エネ化して呼吸の配分をしなければいけないという事も出てきます。

この「田祭り」は田植えが終わった後の一段落のお祭りで、お宮の参道に灯籠が吊り下げられ、氏子のみなさんが思い思いの絵や書を描いて奉納されます。
例年ですと直会で皆さんとお酒を飲んで盛り上がるところなのですが今回は中止でおとなしく解散ですが、雅楽演奏で少しでもいつもと違うプレミアムな夕べになったのではないかと思います。

6月7日梅の収穫と梅酒仕込み

宮司です。macの再構築を終えましたので遅くなりましたが6月の様子を随時紹介して参ります。
一昨年から始めましたご神木梅酒の仕込みですが、なんとなく6月6日に日を決めて収穫しておりましたが、今年はどうも梅の実の出来映えが例年になく少なくて、これは今収穫するのは時期尚早でもう少し待った方が良いのかなと思いまして。ネットでいろいろ調べましたらどうやら暖冬の影響で実り具合があまりよろしくないと情報を得ましたので、待っていてもかわらないのでしたら収穫しようということで7日に収穫いたしました。
昨年、おととしは比較的実が多くなっていましたので綺麗なキズのついていない物を選べましたが本年はその余裕はないものの、なんとか3kg収穫できました。昨年同様に青梅1kg、紅梅1kg、ミックスのロゼ1kg、仕込みました。
家内から聞いたのですが実は6月6日って「梅の日」だそうですね、全然知らずに今まで6月6日に収穫していました。同じ日に収穫した方が出来映えの比較ができるし、ぞろ目の日が覚えやすいから、という理由だけでしたが、偶然に「梅の日」だったとは。
今年は1日遅れですが、出来がたのしみです。

水無月のご報告

宮司です。お久しぶりです。6月中はついにブログが書けませんでした。それにはワケがありまして。事の発端はmac(パソコン)のOSのバージョンアップで、すったもんだで結局以前のOSバージョンのMojaveに戻して、システムを再構築したわけです。バックアップデーターが取り出せない、という絶体絶命の状態でしたが私の師匠の機転でなんとかすべてのデーターの復旧ができました。macユーザーの方、新しいOSのVer10.15 Catalinaへの移行はまだ早いので気をつけてくださいね。さりげなくヴァージョンアップを促してきますが、無視してください。もしくは現在の環境とは別のマシンで動かすとかした方が賢明です。私も以前はそうしていたのですが、基本を忘れたので反省です。ですが、おかげ様でmacもかれこれ23年間分の余計なデーターも消え、クリーンに成りましたので、かえってより良い環境に成りましたので結果オーライでした。

現在はかれこれ23年分のデーターがありますのでデーターのコピーに丸1日かかったりします。
いろいろ試行錯誤しながらやってきたんだなぁと思いました。
そしてこの教訓からデーターを二重三重のバックアップにしましたのでコピーだけで一週間くらいかかってました。icloudにもあげておきましたので、参集殿のmacと自宅のmacで同じデーターが使えるので便利になりました。以前からこういうふうにしたかったのですが、行事に追われてなかなかできなかったので、今回のトラブルのおかげです。

今まで、平成28年(2016)の新庄遷座400年祭以前の平成24年あたりから神社の新しい活動をスタートさせて以来、カッコイイ言い方をすれば「前しか向かずに突き進んだ」のですが、その後も走り出したら止まる事がなかなかできずに、仕事環境であるパソコンも「今、とりあえず仕事をしなければいけない」ので、メンテナンスや設定、新しい技術の理解と習得、その活用などは後回しにして参りました。色んな情報もあまり収集していなかったですね、今思えば。
アプリなんかも使い方をもう少し深度の深いところを習得すればもっと効率的に、今までできなかったこともできるようになるのに、「とりあえず、今使える範囲で〜」と流してきました。

今年の正月、本年の目標のひとつとして新川神社のホームページで未完成のコンテンツの完成を誓いました。お正月行事も一段落した2月から毎朝少しずつ作業を進めてきました。主に小学生の為のページと、一般向けの年中行事など進めて参りました。ステイホームの時期となりましたが、かえっていつも落ち着いてできなかったことに集中出来ました。

今回改めて思いましたのは私にとってパソコンは道具としてのパソコンではなく、やはり「Mac」なんですね。この23年間、Macだから楽しんで仕事をやってきたと断言できます。仕事や想像力を引き出してくれるパートナーであり、心の拠り所でもある事を認識しました。朝起きて珈琲を煎れて机の前に座り、macの電源を入れると「ジャーン」というBeatlesの「A Day in the Life」のエンディングのピアノコードにインスパイアされたという起動音が鳴り、一日が始まることは、毎朝朝食に蕎麦を食べる事と同じで一日の始まりに気分を上げるのに必要不可欠な「通過儀礼」です。

7月からは気持ちも新たに生まれ変わったMacと共に進んでいきたいと思います。

 

令和2年の夏越大祓は新型コロナウィルス対策バージョンで

宮司です。緊急事態宣言も解除になったというものの、まだ様子見といいますか、そろ〜りそろりと歩き出す感じでしょうか。季節も爽やかな季節となり、早くも夏越の大祓の案内をする時期となりました。本年の夏越の大祓は新型コロナウィルス蔓延防止策として

①本来30日の神事を3日間に拡張して密集の回避
②本殿内での無病息災御祈祷は後日神職が奉仕、祈祷護符の切札である「疫神齋(えきじんさい)」を茅の輪守と共に授与し祈祷の証とする
③雨天時は参集殿内で受け付と神事を行い、茅の輪くぐり、本殿で各自二拝二拍手一拝の拝礼の後、疫神齋(えきじんさい)切札と茅の輪守を受けて帰宅

という感染防止策の流れで実施致します。時節柄ご了承ください。
夏越の大祓は「元祖・疫病退散神事」です。第二波の蔓延防止に努めて開催致します。

気の早い話かと思われますが、私は既に正月をどうするか、考えております。
七五三詣ではうちは昔から予約制で一家族単位の個別祈祷ですので「密集密接」はありませんのでいつもの通りで宜しいのですが。

ですけれども、今回の疫病で感じましたのが、神社やお寺が、一見無駄に大きな建物のように造られていたのは、密閉を避けるための疫病対策だなということです。
結構、吹きさらしの拝殿のお宮とか多いですし。明治神宮とか。

市道新庄10号線第二期拡幅工事開始

宮司です。田植えと同日の5月13日より神社境内の神木25本の根っこの抜根工事と水路の側溝工事が始まりました。かなり大きな掘削作業にやはりこれは大きな仕事なんだとあらためて思いました。通学路の道路でしたので如何に通学路の動線を確保するのかも心配しておりましたが、不幸中の幸いで疫病のため現在小学校は休校中ですのでその心配は不要となりましたので工事業者も伸び伸びと作業中です。
工事は三期までありますので、完全に開通するには来年までかかりますが、道路工事以外にも電柱の移動がありますのでそれも含めてまだまだ課題がありますので気は抜けないのですが、来たるべき開通の日を目指してより良い選択をして参りたいと思います。

ですが、道が広がると今でも心配なのが法定速度を明らかに超越したスピードで突っ込んでくる車が増えることです。今でも「我先に!」という気を帯びた車はエンジン音や雰囲気でわかりますね。今まではガードレールがあったので小学生たちが車と接触することは先ず無かったのですが、今後この点だけ、通学児童の安全確保策を完璧にして戴きたいと思います。

令和2年5月13日御田植え祭斎行

宮司です。毎年恒例の「田んぼ学校」は新型コロナウィルス蔓延防止の為、御田植え祭、稲刈り祭、しめ縄作りとコシヒカリ試食会の全行程を中止といたしました。「田んぼ学校」は休校しますが、神饌田は稼働します。神さまの神饌のお米は作らなければなりませぬから。農作業も三密を避けるために機械を使用して少人数に短時間ですることを優先しての決断になりました。

こういうときはスパッと止めることは徹底的に止めて、空いた時間を今後の事に使いたいという私の思いもあります。

御田植え祭や稲刈り祭は宮司のみで粛々と致しまして、田植えは奉耕者の吉田榮一さんとご子息お二人と宮司でお仕え致しました。泰子権禰宜は記録係です。
田植えは本来は16日の土曜日の予定でしたが天気予報も見ながら急遽13日午前9時からということで繰り上げました。晴天にて爽やかな日でした。久しぶりに田んぼに入りました。いつもですと雅楽に併せて太鼓を叩いておりましたので。本来野良仕事、好きなんです。アウトドアとか。

大体うちの神饌田は三角形なんですよ。どうやって田植機でうえていくのかなぁ〜と思っておりましたらそこはプロですね。田植えの一筆書きみたいな感じで出入り口に戻ってこられました。
田植機が方向転換したときに出来る轍をトンボで慣らしてフォローします。餅付きの相方みたいなもんです。
田植え用の長靴「豊作」を履いて、田植機では植えきれなかったスペースに早苗を植えていきます。
なんか、田んぼの泥の中を歩いていますと農耕民族の遺伝子が刺激されて、楽しかったです。こんな早苗がお米になるんですからあらためて凄いなと。
疫病が流行っていますので常時の行事が出来なくなっていますが、逆にそこで気づいた事を今後に生かしていけるように日々勤めて行ければと思います。

疫病退散!プロジェクト第4弾:巣ごもり期間企画 古事記・日本書紀の疫病にかんするお話 其の1

宮司です。非常事態宣言も5月末まで延期になるようですので、第4弾をやります。
本年は日本書紀撰定1,300年の年ですので「日本書紀に親しむ:昼の部」を満を持して開催予定でした。併せて「古事記に親しむ」も3度目の素読会を最初からスタートする予定でしたが、現在スタート待ち状態です。そ・こ・で、みなさん巣ごもり期間中に素読会をフォローするコンテンツを書き下ろしいたしました!古事記・日本書紀に親しむに参加予約戴いた方に「疫神齋御朱印チラシ」「最勝禅寺疫病沈静禅札」と共に郵送済みですのでお待ち下さい。ネットではいち早く公開いたしますし、今回は一般にも公開しまして「古事記・日本書紀に親しむ」を通じて神道に興味をお持ち戴けましたら幸いです。
今現在、「古事記・日本書紀に親しむ」参加申し込みは延べ181名、重複を除きますと実質130名の方がエントリーされています。この巣ごもり期間を逆に有意義に過ごして戴ければ幸いです。

第2弾は5月末にお届けする予定です。現在巷では「クタベ」「アマビエ」という霊獣・妖怪が人気を集めています。良いですねー。妖怪や伝説は社会の危険回避に役立っていたんですね。「妖怪」を学術的に研究している大学の事を一度テレビで見たことがありましたが、「目に見えない物の存在」を「ものがたり」にして治世の福利厚生、危険回避方法論として機能させてきた「古代の社会学」と感じて居りました。

では、神道では?っということで、いよいよ真打ちの登場です。「大物主神(おおものぬしのかみ)」「素盞嗚命(すさのおのみこと)」「大己貴命(おおなむちのみこと)」「崇神天皇(すじんてんのう)」古事記・日本書紀に語られる疫病伝説をご紹介したいと思います。お楽しみに!

疫病退散!プロジェクト第3弾:疫神齋(えきじんさい)木札御守/切札護符頒布いたします。

宮司です。疫病退散!プロジェクト第3弾、参拝者からご要望がありました疫神齋木札御守授与いたします。併せて疫神齋切札護符も頒布します。玄関に貼ります。いずれも初穂料500円です。疫神齋御朱印チラシとの違いは切り札護符は4月19日春祭に合わせて疫病鎮静祈願祭に祈念された神璽と宮司印がなされている正式なお札です。

木札御守は新川神社の寒中みそぎ・鎮魂作法錬成会では毎年「十種の神宝」を彫刻したものを参加者限定で授与しておりました。昨年は令和の御代替わり祈念で田んぼ学校参加者と「若鷹会」の「お宮で飲もう会」30回祈念でスペシャルバージョンを作りましたが、今回も特別製ですね。
表は社紋の「違い鷹乃羽」に「疫神齋」、どべ(猿田毘古神)はマスクを付けて両手にせっけんとうがい薬を持っている新型バージョンが彫り込まれています。裏には新川神社の御朱印、ウィルス感染防止の4柱、神社ロゴです。
私も肌身離さず付けております。

御朱印チラシは蔓延防止策をとにかく早く広く拡散する目的で製作し無料で頒布しました。ダウンロードしてプリントして戴いたり、遠隔でもご利用できるようにしました。デジタルデーターだから出来る事として携帯電話の待ち受け画面に設定しますと身につける「おまもり的」なご利用もできます。

「御神札(おふだ)」をダウンロードで無料配布するとあまりにも軽々しい扱いになるので「御朱印チラシ」という新しいカテゴリーで配布してみました。

実際にとある地域の神社の春祭りで無料頒布しますと「無料だとありがたみが無いんとちがうか?」とお言葉をいただいたことがありました。もちろん、お気持ちで神さまにお賽銭を御奉納いただく分にはウェルカムです。
ですが今はとにかく、今回は富山にウィルスが蔓延する前に気持ちを強く持つ上で感染防止策の拡散をするのが神社の使命だと思いました。

いずれも神様のお墨付きの物として今後も広く多くの方々にご利用いただきたく思います。

令和2年度新川神社春祭・新型コロナウィルス鎮静祈願祭・御大典奉祝事業報告祭斎行

宮司です。本年は未だかつて無い状況での春祭りの御奉仕となりました。先ずは去る令和2年3月31日に神輿渡御祭を中止し、10月19日秋祭に順延するが、1ヶ月前に状況判断して実施するか検討する事としました。春祭祭典(午前8時〜)は斎行するのですが、参列者は恒例の通りですと、宮総代・町内会長・宮委員ですと約20〜30名になりますので、全国に非常事態宣言が出され、密接・密集を避ける意味でも急遽、宮総代会長1名・副会長4名・事務長1名・会計1名の計7名に縮小しました。狛犬さんたちにもマスクをしてもらい、人と会うときのマスク着用の必要性をうながして戴いております。

また、例年ですと沢山の露天商が境内に立ち並び、学生や親子づれ、孫連れの参詣者で賑わうところですが、密集・密接を作ってしまうので総代会と協議の上、露天商のほうにご協力をお願いいたしました。ほんとうに寂しい限りですが、いつの日か、また賑わいが戻る事を祈るばかりです。

春祭祭典に併せて「新型コロナウィルス感染症流行鎮静祈願祭祝詞」を奏上し地域の安泰を祈り、参列者には「疫神齋」の護符と直会省略のため、祈祷者用の御神酒と撤饌の「白エビ・甘エビのおかき」をおさげしました。
併せて予てより工事や準備を進めてまいりました「御大典奉祝事業」として「令和駐車場」と「記念植樹(桜・橘・榊の移動)」の竣功報告祭と清祓式を執り行いました。本来ですと大勢の参列者のもとでお披露目とお祝いをしたかったところですが、延期をしても先行きが見えませんので、予定通り少人数ですが執り行いました。来年の春祭りには晴れ晴れとしたお祭りになればと思います。

春祭に各町内各所に掲揚戴いている「祭礼・新川神社」のぼり旗の代わりに、疫病拡散防止策実践項目を記載した「疫神齋(えきじんさい)のぼり旗」を掲揚いただきました。期間は5月6日ゴールデンウィーク空けまでを目安にしました。

予め回覧で留めておりました「疫神齋御朱印チラシ」も富山市の感染者激増に対応して急遽1万枚印刷し、氏子町内に全戸配布を致しました。これは新型コロナウィルス蔓延防止策の一環として、今は国の方針を受け、神社・総代会として新庄町から感染者、クラスター、死亡者を出さない活動として出来る事を実践し我々の地域から拡散させない事を目指して過ごしてまいりたいというメッセージとしてご協力をお願いいたしました。みんなで危機感を持って予防しないと、たったひとりが感染してもクラスター発生するリスクがあるので本当にやっかいな事です。

「疫神齋御朱印チラシ」は私の宮司担当地域の町内でもご希望された場合には無償で全戸配布分をお渡ししております。神社に参拝がてらお持ち帰りになる方も多く、お子さんや親戚や会社の分もということで遠慮無く「何枚でも持って配って貼って下さい」とお薦めしております。みなさん、よろこんでお持ち帰り戴いて好評のようです。すこしでも心を強く持って戴ければ幸いです。
実は新川神社には「園神社」という皇居守護の神が境内社として奉斎されていたようでこの神さまが疫病沈静の神である大物主神です。詳しくはまたの機会に。

疫病退散!プロジェクト第2弾:疫神齋(えきじんさい)御朱印のぼり旗掲揚。

宮司です。4月19日の春祭りの神輿渡御祭は新型コロナウィルス蔓延防止のため10月19日秋祭りに順延となりましたが、このままでは氏子のご家庭、新庄町の数多くの事業所のみなさんがいつものお祓いが無くて不安に思われる気持ちを払拭したかった一念で疫神齋(えきじんさい)御朱印チラシを作製し、4月1日に回覧だけはしたのですが、その後富山市の感染状況は深刻化しこれはいかん、と危機感が張り詰めてきました。

そして現在の非常事態に際しまして、各町内会にはお手数をかけてしまうのですが新川神社の氏子町内会には全戸無料配布を実施しました。なるべく何かの配布物と抱き合わせで手間のかからないようにご配慮をお願いもいたしました。

今となっては国の全国への緊急事態宣言を受け、実践項目を各自が愚直に実践するしかないと思い、玄関や神棚など目に付くところに貼ることで感染予防への意識向上に努めていただき、新庄町から感染者、クラスター、死亡者をぜったいに出さない活動として、われわれの出来る事を実践し我々の地域から拡散させない事を目指して全戸配布致したくご協力お願いいたしました。

もうここまできたら安倍さんがどうとかこうとかゆうとるばあいじゃないと私は思います。
我々地域単位でがセルフ・デフェンス・フォース、自衛隊になるしかないと思うわけです。
たった一人が感染しても倍以上に増える可能性があるのですから。しかも気づいた時はおそい。

疫神齋御朱印チラシに加えて本来ですと「祭礼 新川神社」と書かれたのぼり旗がみこし渡御の道中に掲げられるのですが、今回はその代わりに急遽「疫神齋御朱印チラシ」デザインをのぼり旗に落とし込んで、各所にゴールデンウィーク明けまでを目安に掲揚してもらうことを総代会にご協力いただきました。

一人でも多くの方々と感染症予防への意識の向上を共有して参りたいと思います。

疫病退散!禅のメンタル・最勝禅寺の禅札、神道のアクション・新川神社の疫神齋(えきじんさい)

宮司です。4月19日の春祭りは神輿渡御は中止で祭礼のみ宮総代・宮委員参列の元斎行すると言うことで3月31日の総代会議で決めたのですが、その後富山市にものすごい勢いで感染者、しかも院内感染、クラスターが発生、また感染経路不明の感染者もでてきたので、これはいかんわーと急遽春祭参列者を縮小しまして三役だけにして密集・密接を避ける対応にしましたが、17日、国が全国に非常事態宣言が出されたからには宮司としましては危機感を強めております。

3月末に製作した「疫神齋御朱印ちらし」は大勢の方がお求めくださいまして、皆さんの心の支えと行動の道しるべとなれば幸いです。

また神仏かふぇ。を共催している最勝寺から禅バージョンの疫病沈静札をつくられました。
最勝寺の禅札は混乱した世相に冷静沈着なメンタルをうながしていただいてるすばらしい札となっています。新川神社の社頭では両方無料授与しております。

禅のメンタル、神道のアクションでこの災難をしなやかに乗り切ってまいりましょう。

 

天皇陛下御即位 御大典記念植樹作業完了。

宮司です。ついに政府は都市部地域限定で非常事態宣言を本日発令する予定だそうです。当方でも3月から神社主催行事は勿論、若鷹会や外部の参集殿ご利用もご遠慮戴いております。長男が國學院大學に通いながら明治神宮に研修生として、次男がこの春より埼玉県の城西大学へ進学と言うことで親としては心配ですが、今は携帯で逐一連絡が取れますので息子たちとは情報交換をこまめにしております。

さて、そんな最中ではありますが4月3日金曜日、快晴の日に盛田造園さんにより御代替わり奉祝の記念植樹の作業をしていただきました。

御大典の奉祝事業は二本立でして、1つは新規駐車場の増設、これは一応工事完了しました。続いての記念植樹は本殿前一対の榊の木の左側が枯れてしまいましたので此の機会に改めて植え替えをしようという事で企画しました。
最近の猛暑で日当たりの良すぎる場所ですので耐えきれなかったのかなぁと思います。

此の機会に御即位にちなみまして「右近の橘・左近の桜」に植え替えを致しました。右側の榊は猛暑を避けるために御輿蔵の横に移植をしました。
「榊の木は午前中1時間程陽が当たる場所の方が玉串に最適な良い枝振りになる」という事を明治神宮の林苑専門の方に聞いたことがありまして。なるほど、日当たりのよい場所は光合成がたやすく出来ますので枝葉を広げる必要が無いですからね。確かに、良い玉串が穫れる榊は大木のある神社の境内でその日陰に育っている木が多いので確かです。日陰者の方が努力して成長すると言うことでしょう。人も同じですね。

「右近の橘・左近の桜」はひな人形で皆さんご存じだと思いますが、この左右の置き場所がややこしいので此所ではそれには触れませんが、天皇陛下が御即位の儀礼をなされる紫宸殿(ししんでん)の前に植えられている樹にちなんでおります。左右は宮殿にお座りになる天皇陛下から見て右が橘、左が桜になりますので我々が紫宸殿に向かってみると右手が桜、左手が橘と逆になりますのでご注意。

右近、左近(うこん さこん)は今で言う皇宮警察に当たる皇居の近衛兵でそれぞれ左右に分かれて警備していた官職の名からいわれているようです。

そのような意味合いから、御代替わりの記念植樹の樹としては最適な品種だと思います。加えて、古事記には「桜」は邇邇芸命の姫、コノハナサクヤヒメ、「橘」は垂仁天皇の御代に不老不死の果実として非時香木実(時じくの香の木の実)として神話ゆかりの樹ですので古事記・日本書紀をお読みになる皆様にも鑑賞戴けるので、より身近に神話と現代の物事を感じて戴ければと思います。

今回はなによりも、道路拡幅で切らざるをえなかった「古桜」の子孫が残せたことを本当に嬉しく思います。

 

 

疫病退散!疫神齋御朱印チラシをお配りいたします。(無料)

 

宮司です。春祭りの真っ只中です。富山市内は桜も満開で気温も穏やかで「春・爛漫」な日でした。そういえば「春」の語源は一説によると「芽が張る」の「はる」らしいですね。真偽は置いといて、若葉が芽吹く季節ですのでいいじゃないですか。

さて、前回のブログでご報告の通り、春祭りのみこし渡御を中止に決意した早朝、これはただ単にネガティブに中止だけでは悔しいと思い、なんか、やったろう、気持ちだけは強く居よう、神社・神主として出来る事は無いか、みこし渡御が中止に成ったから不安に思う氏子の方々に「お祓い」は出来ないけどそれに変わる以上に強力な「何か」をお届けして感染拡大阻止に貢献できればと思いつき、結構短時間で出来ましてfacebookでは既に公開してご自由にご利用して戴いております。

ダウンロードして印刷して玄関にお張り戴いたり、神棚にお張りいただいて毎日お祈り戴いたり、データーは著作権フリー素材としてご利用戴いても良いということで加工して拡散していただいたりしております。携帯の待ち受け画像にして戴いた方もいまして、早速製作元の宮司も携帯待ち受け、変えたことも無いのを頑張って設定しました!結構、ショッキング蛍光イエローなんで普段見るとウザい感じがするのですが、逆にこの「ウザいかんじ」がするほどのションキングカラーの方が今はパワーオーラを感じますね!

ちなみにこれはいわゆる「御神札」ではありません。印は新川神社の「御朱印」です。ですから実際に押した「御朱印」ではありませんし、画像ですのであまり神経質になりすぎずに神様マークと思っていただいて、広めて戴きたいと思います。

宮司としましては、本当にお伝えしたいのは「祈り・必要・避ける・控える」の四柱の実践です。
いまは愚直にこれを実践するしかないと思います。
日本人の得意技は「忖度」です。ちょっと前まではよくないイメージの言葉でしたが、いまは「非常事態宣言」が出るか出ないかと言うよりも、そんな宣言が出されなくても自発的に「ロックダウン」出来るのが我々では無いかと。

気づいた時は既に遅いんですから。

令和2年度春祭みこし渡御祭他諸事の対応について

去る令和2年3月31日午後7時より総代会にて「春祭みこし運営会議」を開催し、各町内代表と共に審議し決定したことをお知らせいたします。
新型コロナウィルス蔓延防止策の一環ですのでご理解いただき、今は国の方針を受け我々国民が出来る事を愚直に実践し、我々の地域から感染者を出さない、拡散させない事を目指して過ごしてまいりたいと考えておりますのでご協力賜りますようにお願い申し上げます。


令和2年4月19日春祭のみこし渡御祭は中止。10月19日秋祭に順延するが、1ヶ月前に状況判断して実施するか検討する。

②令和2年4月19日春祭祭典(午前8時〜)は斎行する。参列者は恒例の通り、宮総代・町内会長・宮委員。時節柄、飲食を伴う直会は省略する。

③春祭祭典に併せて「新型コロナウィルス感染症流行鎮静祈願祭祝詞」を奏上し地域の安泰を祈る。

露天商の出店中止を依頼済み。

⑤祭典案内に併せてウィルス蔓延防止の4本柱を掲げた「疫神齋(えきじんさい)※御神札ではありません」のちらしを回覧し、ウィルス蔓延防止策の共通認識を広める
町内掲示板や自宅玄関、神棚などにお張り下さい。

※疫神齋(えきじんさい)とは?
悪病の流行を防ぐために、陰暦3月に行われた疫神を鎮める祭り。また、平安時代に、皇居の四隅や畿内の境界に疫神を祭ったこと。

以上です。1日も早い終息を祈る日々です。みなさんもお元気で。